キャッシングガイド

キャッシングのデメリット

キャッシングのデメリット

無計画に利用すると危険

高額・長期の融資には不向き

キャッシングは、とても便利に利用ができますが、その分危険な面も併せ持っているということも心がけておきましょう。自由に、かつ簡単にお金を借り入れることができますので、人によっては無計画に使用してしまったりしてしまいます。
また、融資の総額が多くなっても毎月の返済額はたいして変化ないので、事態の深刻さに気づきにくく、やっと気が付いたときには、すでに手に負えないような額を借り入れてしまっていたという話も時々耳にします。近年、とても深刻な問題となっているようです。キャッシングを利用する場合は、計画的な借り入れをすることを心がけたいものです。

キャッシングのデメリットとして、一番に挙げられるのは、やはり金利が高いという点だと思います。
また、、融資額が大きくなればなるほど、利用期間が長くなればなるほど返済の負担が増えてしまいます。
基本的にキャッシングは、高額で長期の融資には向いていないということが言えるでしょう。なお、キャッシングと言うとイメージが悪いということもデメリットの一つかもしれません。

セールスが増える

消費者金融会社も営利を目的とする会社です。そのため、やはり「セールス」はどうしても増えてしまいます。融資の追加や再度利用の案内や電話など時々あるでしょう。その際は、セールスを受けても必要の無いときにはきっぱりと断る意志を持ちましょう。消費者金融会社側もセールスのプロなのです。優柔不断にしていると相手のペースに入り込んでしまいます。その他にも、デメリットとして、返済が遅れた場合は催告の連絡がすぐにかかってくる・・・といった点もあるでしょう。

check
債務整理 中野区

最終更新日:2018/2/15

Copyright (C) 2008 Cashing Guide. All rights reserved.