キャッシングガイド

キャッシングの基本

申込と融資の方法について

現在の貸金業界では、他社よりも優良な顧客を獲得しようと、猛烈な顧客獲得合戦が繰り広げられているようです。少し前までは、無人契約機などが基本的でしたが、最近はインターネットによる申込が基本になりつつあります。そこで、いくつかの申し込み方法をご紹介していきます。

店頭で申込みをする場合

それぞれの金融会社の店頭などにあらかじめ設置してある融資申込書に、自分の氏名や住所、勤務先等の必要事項を記入していきます。そして、金融会社のスタッフが信用情報機関に申込者の信用情報を照会していきます。それによって融資が可能か不可能かどうかの与信審査を行っているのです。与信審査の結果にて、融資が可能と判断した際は、契約書を作成の上でキャッシュカードをその場で貰い、コンビニなどのATM等で融資を受けることが出来るようになります。

無人契約機での申込みの場合

各貸金業者の無人契約機のタッチパネルを操作し,融資申込を行います。融資申込を受けた貸金業者は,信用情報機関に申込者の信用情報を照会し,融資が可能かどうかの与信審査を実施します。与信審査の結果により融資が可能であると判断した際、その場でキャッシュカードが交付されます。その後、近所のATM等で融資を受けることが可能になります。また、契約書は後日自宅に郵送されて、署名と捺印のをした上で返送という形になります。

インターネットでの申込みの場合

各貸金業者のホームページより,融資申込フォームに必要事項を記入し,送信します。融資の申込を受けた貸金業者は,信用情報機関に申込者の信用情報を照会し,与信審査を行います。与信審査の結果,融資が可能と判断された場合には,後日貸金業者より申込者に対して電話やEメールで連絡があり,申込者の指定する銀行口座に融資金額が振り込まれます。なお,契約書は後日自宅に郵送され,署名・捺印の上,返送します。また、最近は携帯電話などによる申し込みやコンビニからの申し込みが可能な金融会社もいくつか存在します。クレジットカード現金化もインターネットを利用して行える会社が増えてきています。家にいながらできるのはとっても便利ですよね。

 

返済の方法について

返済方法については、それぞれの金融業者によって少しずつ違いがあります。最近は、口座引落や、指定口座への振込・ATMや融資を受けた店頭での返済が一般的になっています。

また、それ以外にも返済の方法としては以下の方法が挙げられます。ショッピング枠現金化の場合にはクレジットカード会社によりますので、しっかりと返済方法を確認しておくことをオススメします

 

 

取立方法について

少し前までは、高金利、過剰な貸付、過酷な取立が金融業者の三種の神器と言われる程、多重債務者に対してとても過酷な取立が実施されていました。ですが、過酷な取立行為のせいで多重債務者の自殺が増加してしまい、「貸金業規制法」が大幅に見直されることになったのです。それによって現在、従来のような過酷な取立は法律上禁止されるようになったのです。

ですが、現状は多重債務者に対する貸金業者の取立はまだまだ実施されていて、金融業者は延滞の期間に応じて取立を行っています。

 

 

なお、金融業者のスタッフには、かなり厳しい「ノルマ」のようなものが課されていて、法律は遵守しているが、今なお多重債務者に対する過酷過ぎる取立行為が行われていることをよく聞きます。

Favorite

資金調達 ファクタリング

2019/1/22 更新

Copyright (C) 2008 Cashing Guide. All rights reserved.