キャッシングガイド

キャッシングの種類

簡単にキャッシングと言っても,キャッシングの目的や借のページでは、キャッシングの種類についてご紹介していきます。

目的別キャッシング(ローン)の種類

個人対象のキャッシング(ローン)

こちらは、キャッシングの中でも、一番、一般的なキャッシングでしょう。限度額は最低10万円~最高100万円程度に設定されており,ATMや店頭で等で、審査を行い設定されます。ただ、100万円を超える高額のキャッシング)の際は、適用される金利が10~20%と比較的低めに設定されていることが良くあります。また、個人を対象としたキャッシングの中には,女性又は学生を対象にしたものもありますが、限度額や金利などは一般のキャッシングとほぼ変化ないと言えるでしょう。今すぐに必要ならクレジットカード現金化 即日が良いかと思います。

個人事業主や法人対象のキャッシング

商工ローン会社を中心にした、個人事業主又は法人を対象として融資をしている会社もおおくあります。事業者用ローンの際には、限度額が最低でも数100万円~最高数1000万円とかなり高額に設定されています。その代わりに、個人を対象と又は、その家族などを(連帯)保証人にさせたり、自宅や財産などの不動産を担保にすることを条件とされる場合がほとんどでしょう。また、近年個人に対してキャッシングを行う消費者金融やクレジット会社の場合でも、事業者向けにローンを行うといった会社も増加しつつあるようです。

保証人・不動産などの担保を設定するローン

事業者ではない個人に対してキャッシングをする際でも、融資金額が高額な場合は、保証人が必要になったり、自分の所有する不動産を担保に設定することを要求される場合が時々あります。(不動産を担保にする場合は,不動産担保ローンと呼んでいます)。保証人や不動産などの担保を設定する場合には,適用される金利はわずか5%~15%位で比較的低めに設定されているのがほとんどでしょう。

借入先によるキャッシングの種類

銀行のキャッシング

都市銀行や地方銀行は,近年個人に対しても積極的にキャッシングを行っています。銀行のキャッシングは,他の貸金業者によるキャッシングに比べ,限度額が100~500万円と高額であること,また,適用される金利も数%~15%程度と低めに設定されていることが特徴です。その代わり,大手都市銀行を中心に,提携先の貸金業者が保証会社になることが条件とされているのが通常です。クレジット枠 現金化では、大きな額を利用する事ができませんが、保証人などの煩わしさは避けることができます。

消費者金融のキャッシング

消費者金融がキャッシングを行う場合,限度額が10~100万円と比較的少額に限定されており,適用される金利が15~29%前後と高く設定されていることが通常です。また,通常は,保証人や不動産などの担保を要求されません。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシングの場合も,消費者金融と同様,限度額が10~100万円と比較的少額に限定されており,適用される金利が15~29%前後と高く設定されていることが通常です。また,保証人や不動産などの担保も通常は要求されません。

クレジットカード現金化等をするときは、現金化、クレジットカードの現金化のメリットとデメリットをしっかり考えて、現金化、クレジットカードの現金化を行ってください。また、現金化、クレジットカード現金化の詐欺が増えておりますので、ご注意下さい。

Valuable information

古物商の許可を簡単に取得

最終更新日:2018/4/26

Copyright (C) 2008 Cashing Guide. All rights reserved.